JAPANESE | ENGLISH

光の現象で装飾をつくる

恵比寿にある結婚式場の改修プロジェクトです。建物は、バブル期に隣接していた高級会員制サロンの別館として建てられ、その後運営者が代わりながら主に結婚式場として使われていました。新しいオーナーからは、既存施設の過剰な装飾をなくし、自然光が感じられるデザインが求められました。そこで、教会部分では楕円形の平面とハイサイドライトという既存躯体の特徴を最大限生かしながら、光によって装飾をつくることを考えました。ハイサイドライトの窓台を色分けして塗装することで、内部空間に入る間接光にほのかに色が加わります。壁面につけたリブに彩色された光があたり、虹のような光が内部空間に立ち現れます。
虹は聖書で約束の象徴とされています。物質的な装飾ではなく、「光を装飾する」という発想によって現代的なセレモニー空間へと生まれ変わらせました。

A project for renovating a wedding hall in Ebisu, Tokyo. The building was constructed during the economic bubble as an annex to an exclusive members-only salon next door. Ownership changed hands several times, thereafter, but the building continued to be used primarily as a wedding hall.
The current owner desired to eliminate the existing building’s excessive ornamentation and realize a design animated by natural light. To this end, we proposed to give maximum play to the oval plan and high sidelights of the chapel in the existing structure and to use light to produce ornamentation.
By painting each high sidelight window a different color, we imparted faint color hues to light entering the chapel. Ribs arrayed on the oval wall catch the colored light, so that rainbow-like light fills the interior space.
In the bible, a rainbow is symbolic of a promise. By giving “decoration to light” instead of using physical ornamentation, we have transformed the space into a contemporary ceremonial space.

虹のチャペルRainbow Chapel

チャペル・結婚式場・レストラン/東京都目黒区

chapel,restaurant/Meguro,Tokyo

メゾン・プルミエールアットロビンズ
Use : chapel,restaurant,garden
Building site : Meguro,Tokyo
MisonPremiere at Robbin's
Total floor area :1897.09㎡
Photo : Koji Fujii/Nacasa and Partners Inc.

ページTOPへ