JAPANESE | ENGLISH

WORKFLOW

法人のお客様はこちら
個人のお客様はこちら

法人のお客様(商業施設、オフィス、温浴施設等を計画の方)

会社概要資料のご依頼や、設計料の見積もり等、お気軽にお問合せください。
※新築設計監理の業務報酬は、国土交通省告示15号による業務報酬基準、内装設計監理の業務報酬は、日本インテリアデザイナー協会による報酬基準ガイドラインに沿って算出させて頂きます。
プロジェクトの内容や規模等に応じて、構造、設備のエンジニアリング、ライティング、ランドスケープ、グラフィックデザイン等のチーム体制を組み、きめ細やかなヒアリングと分析、デザイン力で適切なソリューションを提案致します。
 
下記の施設の設計実績があります。
・大規模温浴施設
・旅館
・オフィス
・郵便局
・結婚式場、チャペル
・レストラン
 
お問い合わせはこちら

個人のお客様(住宅や小規模店舗を計画の方)

1.初回のご相談

まずはお問合せフォーム・メール、お電話等で御連絡を頂き、事務所にてお話しをお伺いします。業務の流れや、設計デザインの考え方について御説明させて頂きます。土地の資料や写真等をお持ち頂けると具体的なお話しができます。実現したい思いや、ご自宅等をつくる上で重要視されている点、ご予算、生活スタイル等をお聞かせください。お子さま連れも歓迎です。初回のご相談の費用は発生しませんのでお気軽に御相談下さい。

2.設計監理業務の流れ

■基本設計

建築主様へのヒアリング、敷地や周辺環境の現地調査と関係法令の確認をした上で、ご希望をできる限り実現しながら、安全性や快適性、近隣の街並みや環境などに配慮してデザインコンセプトを練っていきます。そして、平面図、断面図等の基本設計図書をまとめます。

■実施設計

基本設計図書をもとに、仕様等の詳細な設計をおこない、工事費見積用図面にもなる実施設計図書を作成します。
確認申請や許可申請、条例に合わせ各申請を行います。

■工事見積調整

作成した図面を元に施工会社へ見積依頼を行います。
ご希望する施工会社が特にない場合、数社に見積りを依頼し、業者選定のためのアドバイスをさせて頂きます。施工会社から提出された見積額がご予算に合わない場合、設計変更や各種調整を行います。

■工事監理

設計図書に従って、基礎や躯体などの構造部分が図面通りに正確に施工されているか、仕上げの細かな部分まで適正に工事が行われているかを監理し、建築主様に報告します。
役所の完了検査・消防検査などの各種行政検査の立会をおこないます。

3.設計料・工事監理料

新築戸建住宅の場合、建物工事金額の12~15%程度です。構造計算が必要な場合は別途、設計料の20%程度の構造設計料が必要になります。マンション等のリノベーションや、規模・用途によっては別途見積もりをさせていただきます。

4.お打ち合わせ

図面資料の他、CGや模型を使って、完成イメージを分かりやすくご説明致します。設計期間中のお打合せは2週間に1回程度(2時間程度)の頻度で行います。打ち合わせ内容によって、素材のサンプルや模型等をお見せしながら行いますので、基本的には事務所にお越し頂きますが、ご要望に応じてご自宅等ご希望の場所に伺わせて頂きます。メールや電話等でのご相談も随時お受けしています。
 
お問い合わせはこちら

ページTOPへ