夏季休業のお知らせ

2024.07.17 UP

誠に勝手ながら弊社では下記の期間を夏季休業とさせて頂きます。

2024年8月10日(土)~2024年8月18日(日)

2024年8月19日(月)より業務を開始いたします。
期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

JGM霞丘ゴルフクラブのクラブハウスが竣工しました

2024.07.05 UP

JGM霞丘ゴルフクラブ」のクラブハウスの改修デザインをおこないました。営業を行いながらの工事でしたが、無事に竣工を迎えました。柔らかな曲線を描く土の塊のようなエントランスゲート、曲面壁でゾーニングされたエントランスホールなど、クワイエットラグジュアリーな空間を目指しました。ゴルフ好きな方は、ぜひ足をお運びください。

千葉県柏市の柏寿荘改修工事設計業務委託の公募型プロポーザルに選定されました

2024.07.03 UP

柏寿荘は昭和49年に建設された千葉県柏市にある老人福祉センターです。今後は全ての年代の方々が利用できる、浴場や中庭のある健康増進を図る施設としてリニューアルを行う計画です。隣接する柏市清掃工場(北部クリーンセンター)のエネルギーの利用検討や、地域住民の方々とのワークショップを開催しながら設計を進めていきます。

Le Monde(フランス)の東京の建築に関するインタビュー

2024.04.09 UP

フランスの新聞「Le Monde」から東京の都市と建築に関するインタビューを受けました。フランス人記者による鋭い視点で、2010年代以降の東京の建築に関する論考が掲載されています。

https://www.lemonde.fr/culture/article/2024/04/05/a-tokyo-dans-l-ombre-des-tours-du-complexe-immobilier-d-azabudai-hills_6226210_3246.html

Motor Magazine(モーターマガジン)2024年 04月号に『THE CLUB golf village 』が掲載されました

2024.03.03 UP

Motor Magazine(モーターマガジン)2024年 04月号に『THE CLUB golf village 』が掲載されました。

車で行きたいリトリートにも最高な美しきゴルフリゾートとして、表紙とFront Talkにて紹介されています。是非ご覧ください。

出版社 ‏ : ‎ モーターマガジン社
発売日 ‏ : ‎ 2024/3/1

価格1,200円

「杉並建築展2024 あらわれる風景」に出展します

2024.02.23 UP

「杉並建築展2024 あらわれる風景」が、2024年2月23日(金・祝)から3月3日(日)まで、東京都杉並区阿佐谷南の高架下空き倉庫(JR高円寺駅-阿佐ヶ谷駅間)で開催されます。

建物は建つとそこの風景に良くも悪くも何らかの影響を与える。それは、意識的なアプローチであることもあれば、そうでない場合もある。いずれにせよ、こうした風景には、共同化された価値観に基づいた街並みや自然環境などの景色だけでなく、人の営みや振る舞いによって彩られる情景も含まれている。

本展覧会では、設計者自身が意識的に捉えた風景や展示を通じた考察によって事後的に発見され、解釈される無意識的な風景について提案するほか、2月25日(日)にトークイベントを開催するなど、多彩な構成の建築展を提供します。

・会場 高架下空き倉庫(JR高円寺駅-阿佐ケ谷駅間)東京都杉並区阿佐谷南2-36

・開催期間 2024.2.23(金)~3.3(日)
・開催時間 2024.2.23(金)13:00~18:00 , 2024.2.24(土)~3.2(土)9:00~18:00 , 2024.3.3(日)9:00~16:00

・トークイベント 2024.2.25(日) 13:00~16:00  自由参加(予約不要)

【参加建築家】

永山祐子建築設計
日本大学理工学部建築学科 古澤大輔研究室
隈研吾建築都市設計事務所
RFA / 藤村龍至
NASCA / 桔川卓也
久保都島建築設計事務所/久保秀朗+都島有美
工藤浩平建築設計事務所
TAKiBI / 栃内秋彦
横井創馬建築設計事務所・セカイ/横井創馬
takayuki.bamba+associates / バンバタカユキ
後藤周平建築設計事務所
flat class architects
SIA / 香月真大
小沼計画
メタボルテックスアーキテクツ
中村竜治建築設計事務所 / 中村竜治
KIRI ARCHITECTS / 桐 圭佑
PERSIMMON HILLS architects + 飛騨の森でクマは踊る
oXAD / 山岸大助 + 飯村慎建築設計

 

助成:杉並区文化芸術活動助成事業
協力 : 株式会社ジェイアール東日本都市開発 阿佐ヶ谷・高円寺プロジェクト
協賛:株式会社ルーヴィス

年末年始休業のお知らせ

2023.12.27 UP

誠に勝手ながら年末年始休暇のため、以下の通り休業させていただきます。

2023年12月28日(木)~2023年1月3日(水)

2024年1月4日(木)より業務を開始いたします。

期間中はご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今年一年ご愛顧を賜りまして大変感謝申し上げますとともに、皆様のご多幸をお祈りいたします。

空間デザイン・コンペティションと 10組の建築家展

2023.12.06 UP

「空間デザイン・コンペティションと10組の建築家展」が12月6日から11日まで建築会館ギャラリー(東京)にて開催されています。コーディネーターの五十嵐太郎氏の協力のもと、「提案部門」過去受賞者から選ばれた建築家10組による展示を行っています。

出展者(敬称略)
島田 陽/平田 晃久/藤本 壮介/勝矢 武之/古澤 大輔/久保 秀朗・都島 有美/百枝 優/工藤 浩平/冨永 美保/藤井 玄徳・冨樫 由美/
協力:五十嵐太郎

開催日時:2023年12月6日(水)~12月11日(月) 10:00~17:00(最終日は16:00まで)

会場:建築会館ギャラリー
〒108-0014 東京都港区芝5丁目26-20

最寄り駅:JR「田町駅」、都営地下鉄「三田駅」

 

商店建築10月号増刊ホテル客室図面集にHotel Screenが掲載されました

2023.09.06 UP

商店建築10月号増刊ホテル客室図面集にHotel Screenの「Moon Phases」「Morning Dawn」が掲載されました。詳細な図面は本誌で初めて公開しています。

インバウンドが戻り、全国のホテル・旅館に活気がもどりつつある中、さまざまなコンセプトの下で多様なホテルが計画されています。ホテルでの滞在体験を考える上で、最も重要と言える客室は、限られた面積にいかに機能をレイアウトするか、街からの体験をどう連続させ、ホテル全体でのコンセプトをどう反映するか、設計者の力量が問われる場所と言えます。これまでに「月刊 商店建築」で掲載されえたホテルに新規掲載を加えた40件のホテルの客室図面集です。

 

CONFORT(月刊コンフォルト)10月号にTHE CLUB golf villageが掲載されました

2023.09.06 UP

月刊コンフォルト 2023年10月号にTHE CLUB golf villageが掲載されました。インタビュー記事も含む見開き4ページで紹介されています。ぜひお手に取って、ご覧ください。

 

【特集】

心身を解きほぐす、癒やしの場である風呂。それが最近、さらに進化しているようです。
サウナブームもまだまだ盛り上がりを見せるなか、これからの温浴施設で重要なのが「体験」です。
自然と一体化したり、非日常を味わったり、利用者が一歩踏みだすことで、より濃密な感覚を体験できる施設がつくられています。
住宅では、プライベートサウナを設けて自分だけの贅沢な時間を味わうケースも。
そのためには、環境や素材、動線や設備など、より綿密な設計が必須です。
さらに、できないことはない、というほどデザインの自由度が高くなっているシステムバスの最前線や、絶滅の危機ともいわれる銭湯を、現代の暮らしぶりに合わせて改修したり、コミュニティの場として再生している例など、さまざまな視点から、いま新しい風呂の冒険を紹介します。

 

【目次】

特集
風呂という冒険

あたらしい自然との出会い
ラトビアとリトアニアでサウナを体感する
写真・文 池田晶紀

カラダに気持ちいい温浴施設

CASE1 まちに染み出す水と緑のグラデーション
狛江湯(東京都狛江市)
改修設計 長坂常/スキーマ建築計画

CASE2 渋谷駅から5分のサウナオアシス
渋谷SAUNAS(東京都渋谷区)
設計 SNARK Inc.

CASE3 自然や時間の移り変わりを体験するために
VISON 本草湯(三重県多気町)
設計 赤坂知也/赤坂知也建築設計事務所

CASE4 木と左官、光のデザインでつくるリトリート
THE CLUB golf village(群馬県安中市)
改修設計 久保秀朗+都島有美/久保都島建築設計事務所

自由を浴びるプライベートサウナ

事例1 書物とサウナで「遅い時間」を取り戻す場所
鈍考/喫茶 芳(京都市左京区)
設計 堀部安嗣/堀部安嗣建築設計事務所

事例2 友だちをもてなす「サウナ×食」
内田邸(東京都)
改修・サウナ設計 島田大輔+石井卓也/サウナイデア

上がるデザインの自由度
システムバスはオーダーする
日ポリ化工 小泉/MURO ニッコー/バンクチュール SANEI/FLUSSO
aq. 檜創建 アステック/ WABURO
Panasonic Housing Solutions/i―X

人々に愛される銭湯文化を継承、発展させる
今井健太郎の設計手法

銭湯の匂いのする
温かいまちをどう守っていくのか
文 栗生はるか(せんとうとまち代表理事)

居室と等価でデザインするための
水まわりプロダクト
浴槽/洗面ボウル&カウンター/水栓/シャワールーム/タイル・石材

連載
寄り道! ニッポン家具産業史 第7 回
占領軍住宅用家具がもたらしたもの
取材・文 佐野由佳

先生と学生たちは、いまこんなことを考えている。
ケンチク学ビバ 第55 回
九州大学 大学院 人間環境学研究院
建築デザインエンジニアリング学研究室
准教授 末光弘和

実測野帳は語る たてものとの対話と旅 第48 回
韓国・日式建築の旅
1941年の洋館付き住宅を見る
文・写真 渡邉義孝

MONOMIRU 話題の製品をピックアップ
FOCUS インテリアとしての薪ストーブ

CONFORT NEWS
EVENTS 21_21 DESIGN SIGHT企画展「Material, or 」展/
ジョセフ・アルバースの授業一色と素材の実験室/
畠中光享コレクション「恋し、こがれたインドの染織̶世界にはばたいた布たち―」

GOODS & SPACES 「NODEA GALLERY」オープン/
歴清社本社ショールーム、リニューアル/KOMA shop青山支店、オープン/
スチールケースのワークチェア「Steelcase Karman™」/
セイキ販売「セロアⅢ」ループレスタイプ/朝日ウッドテック「Live Natural MSX-L」 ほか

REVIEWS & REPORTS
3daysofdesign/今帰仁 石蕗「地域の自然を素材としてモノをつくることの思い」/
榊田倫之『素材考―新素材研究所の試み』/
松村秀一『新・建築職人論―オープンなものづくりコミュニティ』

バックナンバーと定期購読のご案内
読者プレゼント 奥付

 

商店建築 2023年9月号に「水鏡の離れ」が掲載されました

2023.08.28 UP

特別な宿泊体験を生む「一棟貸しの宿」特集として、『水鏡の離れ』が商店建築 2023年9月号に掲載されました。

出版社 ‏ : ‎ 商店建築社 

発売日 ‏ : ‎ 2023/8/28

雑誌 ‏ : ‎ 244ページ

特集/格別な宿泊体験を生む「一棟貸しの宿」
「一棟貸しの宿」という宿泊スタイルが徐々に広がりつつあります。一日一組限定で、別荘のような規模の建物を貸し切って宿泊する。ホテルと異なり、他の客やスタッフに触れることなく、家族や友人たちだけで、その空間を使うことができる。そんな宿泊の形式です。町家を改装した建物に宿泊できる施設もあり、国内外の旅行者から注目が集まっています。全国から、そうしたプロジェクトを選りすぐって取材しました。

詳しくはこちら

夏季休業のお知らせ

2023.08.05 UP

誠に勝手ながら弊社では下記の期間を夏季休業とさせて頂きます。

2023年8月11日(金)~2023年8月16日(水)

2023年8月17日(木)より業務を開始いたします。
期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

ページTOPへ